2022/05/23 08:21



婦人画報の「美しいキモノ」2022年夏号に掲載していただいています。

帯揚げ、半襟などの掲載商品はオンラインストアでもお買い求め頂けます。



新作小物のこだわり

夏はお着物で色を楽しみたい方も多くいらっしゃるので、シンプル派でも鮮やかなコーディネート派でも合わせられる濃度に調整しました。

この調整ができるのも作家恭平の強みです。
今回のシリーズのために製作した「大人の夏の装い」にぴったりの色合いにもご注目いただきたいです。


また、淡さを重視すると柄がハッキリせず「恭平墨流しらしさ」が損なわれるんじゃないか。。。と内心すこし心配でしたが、そんな心配はご無用!

しっかり美しく柄が表現されています☺️



半襟は今回3種の新作が出ましたが、パキッとした赤ピンクや淡い水色、優しいピンク色。。どれも捨てがたい可愛さです❣️

絹絽の半衿生地は光沢があり高級感のあるハリのある生地です。程よい厚みもあるので襟の形が決まりやすい!
とくに耳下のカーブが美しく見えます。
中でも下記の「綿菓子」という名の半襟は淡いピンク色。黄味でも青味でもないニュートラルに近いお色で比較的どなたでも合うカラーです。
このお色に生地の美しさが重なりレフ板効果が期待できます🌸

「なんだか顔色が良くないなあ」なんていう日ありますよね。
そんな日の味方一枚ご用意しておく、なんていうのもいいかもしれません。




雑誌掲載商品のこちらの「風鈴」は本当に涼やかないい色!少しだけ落ち着いたティファニーブルー。
恭平の得意とするお色ですが、濃度は何度も調整しました。

スッキリひんやりした雰囲気に見せてくれます。
私は夏赤ら顔になりやすいので、こうした涼やかな色を半衿にもってくることでコントロールすることもあります。
暖色でコーディネートする際よりもなんとなく目立たないような。。。





こちらの「百日紅」は赤とピンクの間のような絶妙なお色。
他の2種が優しい雰囲気なのに比べて少しパキッとしていますが、様々な反物に合わせて「おしゃれなアクセントカラー」になる半襟を作りました。

単色のお着物に合わせて、半襟で遊んでも楽しいですね。

いかがでしたでしょうか🦢
次回は「新作帯揚げ」についてもご紹介したいと思います🌷

雑誌掲載の名刺のご注文はDMにてご対応しております。


夏の装いを「恭平墨流し」で彩って頂けますと幸いです🎐